TOP ≫ CATEGORY ≫ アダルトチルドレン
CATEGORY ≫ アダルトチルドレン
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

母の日

私母の日はここ数年、少し背を向けてきました
母の日がなぜか憂うつだったのです

実母には一方的に親子の縁を
きられましたし、
義母はとてもやさしい人で、
私達、家族にもよくしてくれましたが、
8年前に他界しました

それで私には母の日に、感謝の気持ちを
直接伝える人はいません

いない方は他にもたくさん、
いらっしゃると思います
どんな気持ちで、過ごされたでしょうか?

母の日の前から、あのたくさんのカーネーションを
売り込む花屋さんに、少し淋しさを感じ、
母の日ギフトのコーナーに、胸がざわつきました

本当は実母が喜ぶ顔がみたいのかもしれません

その一方で、娘は今年もカーネーションを、
プレゼントしてくれました
「おかあさん!いつもありがとう」
って、笑顔いっぱいで言ってくれました

いつもは照れて渡しにくそうにするのに、
しっかりとした姿が、うれしかったです♪

息子はケーキを、買ってきてくれました
味覚障害でも好きなものなら、
おいしく食べれるんじゃないかと、
選んでくれたみたいです

複雑な気持ちで、母の日が終わったのですが、
今自分が生きているのは、
親、(母)から私、そして子供へと
命のリレーをしていますね

そのこと自体が感謝であり、誰1人欠けても
繋がらないのです

そう思うと母にも産んでもらったことだけで、
ありがたいことなんだと思えました




スポンサーサイト

会えなくなって・・

母はあれから数日、父の所に通いましたが
1週間もしないうちに、父が母に対して
どうしてこんな所に住まなくてはいけないのか~と
怒りだし、家に帰りたいという父に、
対応しきれなかったようです

父を担当してくださっている方が、
しばらく家族が面会にくるのは、
やめてください~とういうことでした
母が来ることで、家だと錯覚して
自由に動こうとしたり、いろんなものを
触ろうとするみたいです

記憶障害といえども、プライドは高い人ですし
日常的なことはちゃんとできるので、
本人にしてみれば、なぜ注意されるのか
わからないのでしょうね・・・

会って話ができれば、リハビリ中も
何度もいろんなことを乗り越えてきたので
うまく説明できるかも~
と思いながら、報告のメールや電話を
聞くしかできません
無力ですね

3か月、父のリハビリに通った反動もあってか
うつ君とお友達です
夜になるとゴソゴソしています(笑)

眠剤はデパスが効かないので、
ロヒプノール投入中です





母の怒り 1

先日父が退院して、他の場所に入ったのですが、
入院中に外出して撮った写真を見て、
母が激怒しているそうです

父は記憶障害で季節や日付けだけが
何度言っても記憶できないので、
桜の咲いた外の景色を見て、
感覚が戻ればと思ったり、
みんなで食事をしたがっていたので、
お昼ごはんを食べに連れて行ったのです

母は私と妹はいいが、だんなさんや孫が
一緒に写っていたことが、気に入らなくて
すごい剣幕だったようです

説明しに行った人にも
入ったばかりの今の場所を出て
私達が会いに来られない所へ一緒に行く~
と言っていたらしいです

そもそも母の怒りの対象は、私のはずなのに
いつのまにか、だんなさんや子供達に
向いてしまっているのが、理解不能です

歪んだ考えを正そうともしなければ、
自分が悪いかもなんて、微塵も考えない人ですから
どうしようもありません
心を病んでいますが、治療を拒否しています

母は家を追い出されたことと、
私に拒否されたことを恨んでいて、
いつの間にか私ではなく、
だんなさんや子供たちを
否定するようになったのかもしれません

母のおかしい報告を聞くたびに、
動悸と息苦しさで、軽いパニック発作が
出ています
うつ君もそばに寄ってきたかも・・

しばらく成り行きを、見守ります

(一部削除しました)



家族ってなんだろう

父の入院中、長年会えなかった時を
取り戻すかのように
大切な時間を過ごしてきました

けれども、もう時間がありません
母の一言で、会えないことになりました

母は数年前に一方的に、
親子の縁を切ってきました
今度は父と私の繫がりまで、奪いました

自分の思い通りにしようと、
家族を巻き込む人です
子供の意思を奪い続け、
私の子供にまでもそれを続け、
私だけでなく、子供達にまでストレスからくる
身体の異変が起きました

私は自分の子供、家族を守るために
母と決別することを選びました

けれども子供の頃から、いつも母から
私を守ってくれた父のことは
心配でなりません

今、母は入院中の父の世話をしていません
こんな人に、ある日突然
記憶障害のある父に、寄り添えるのか、
とても不安です

母は私や孫の名前が、父の口から出ると、
怒るそうです

父がまた混乱状態になりつつあります
事態を察するかのように・・・
あんなに穏やかに笑顔で過ごしていたのにね

空しさと無力感でいっぱいです

家族ってなんだろう・・・

とりとめもない愚痴と重い話ですいません
吐き出し所がなくて書きました





音のトラウマ

前の記事で、生活音が怖いことを書いたら、
たくさんの方にコメントをいただきました

ありがとうございましたm(_ _)m

最初は自分の中で、義父が杖で墓石を叩いた音に
反応して、恐怖感が発動したと思っていました

読みながらコメントを返しているうちに
義父のことはきっかけにすぎず
私が恐怖を感じているのは
違う人だということがわかりました

音に敏感になるのは
子ども時代に、母がしてきたことのトラウマです

大声で怒鳴る
モノにあたる
食器をわざと、土間で割る
ビニール袋・風船を割る
夫婦喧嘩
包丁で威嚇して、何度もまな板を叩く音

大人になってからも
脅迫の電話と訪問(インターホン)

結婚した当時、だんなさんがテレビやステレオの
音量を大きくするのも、とても苦痛でした
今は大丈夫ですが

みなさんにもいろんな怖い音があって
自分だけではないと思うと、元気が出ました

そして潜在意識にある今一番怖い人を、
確認できたことで、自分を守る方法をとろうと
思いました



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。