TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年05月
ARCHIVE ≫ 2014年05月
      

≪ 前月 |  2014年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

ツバメ

通院している病院のそばで、
「チュピ、チュピ」という鳥の声がしました

目の前をツバメが通っていって、その先にはツバメの巣
店先のテントの下に、雛が顔を出してました



顔を巣から覗かせて、かわいらしかったです^^

我が家にも何回かツバメが、
巣を作っていたことがありました
驚かさないように、ずっと見守りながら
毎年来てくれると、嬉しかったですが
ここ数年は来なくなりました

ニュースでもツバメが日本に来る数が
減っていると聞いたことがあります

次の通院日にも、見に行ってみようと思います
スポンサーサイト

適度な距離

義父は無事に退院しました

途中義父にきついことを言われて、
動悸がし出しましたが、その場を離れて
クリアできました

主人には、しばらく義父と距離をとらせて欲しい~
と話しをして、了解をもらいました

夜になって思い出すと、動悸がして胸が苦しくて
薬が切れるとダメみたいです

それでも頭の中は、いろいろなことを心配して
義父のことを考えている状態です
少しずつ適度な距離感を掴んでいかないと・・・

何度もこう思いながら、二十数年きてしまいました
変わるのも、変わらないのも
自分次第なのですね
やってみます



義父の退院

一昨日、義父の一時外出は、義兄が迎えに行きました
義兄は少し家が離れていて、
普段は義父のことには、ノータッチです
今回のように入院した時しか、連絡をとらない関係です
それというのも、義姉が義父が嫌っているから
結婚当初から、全くうまくいかずに
拒絶していて、自分の実家べったりの生活をしています
義兄は義姉の言いなりの状態で・・・

そこで主人が今回は、義兄にも少し手伝ってもらおうと
言ってくれたらしいです
午前中は義兄が義父の家にいてくれました

義父は家に帰っても寝て、テレビを見ているだけで
食事も並べてもらったものを、ベットの上で食べました

トイレにはいくことができましたし、家の中の移動は
ゆっくりですができました

一昨日は怒鳴るようなことはなかったです

それで主人も義兄も
退院した方がストレスもたまらないし、
病院にも迷惑かからなくていいんじゃないか~
とういうことで、明日退院することになりました

明日からまたしばらく、関わらきゃいけないかな~
どこで線を引いたらいいのか、難しいです

義父の外出

義父がリハビリもせず、病院に不満ばかり言っているので
ストレスの緩和と自宅でコルセットをつけて
どれだけのことができるか、外出ということで
今日1日、帰ってみることになりました

一昨日、義兄が見舞いに行き、主治医と話した時も
勝手なことばかり言い、怒っていたたらしく、
義兄も義父にキレた~と私に電話してきました
やれやれ~って感じです

キレられる人はいいですけれど・・・
こんなことばかり考えていてもダメですね

今日義父が帰ってきたら、家がすぐ近くで
面倒をみないといけないので、頑張ります


足が震えて

義父が先週、腰の骨を折って
入院しました

とても気難しい人なので、行く先々で
トラブルになります

昨日はコルセットができあがってきたのですが、
注文してないとか、
レントゲン写真もまだ見てないとか、
医師相手にケンカ腰で、かみつきました

一緒に行っていたうちのだんなさんは、
また始まった~と怒りだして、
私はなぜか足が震えて止まりません

パニックの薬は飲んでいったのですが、
動悸もひどくなって、いったんその場を
離れました

薬の追加して、少し休んでまた戻ると
話が落ちついていました

今までも義父が医師や看護師にかみついたり、
店員にクレームの悪態ついたり、
いろいろ見てきたのですが、足の震えは初めてでした

その場で義父を制止できないのだから、
怯えているのでしょうね

義父に感じる怖さというより、
母からくる恐怖感への過敏さなのでしょうか

気になったので、書きとめておきます



母の日

私母の日はここ数年、少し背を向けてきました
母の日がなぜか憂うつだったのです

実母には一方的に親子の縁を
きられましたし、
義母はとてもやさしい人で、
私達、家族にもよくしてくれましたが、
8年前に他界しました

それで私には母の日に、感謝の気持ちを
直接伝える人はいません

いない方は他にもたくさん、
いらっしゃると思います
どんな気持ちで、過ごされたでしょうか?

母の日の前から、あのたくさんのカーネーションを
売り込む花屋さんに、少し淋しさを感じ、
母の日ギフトのコーナーに、胸がざわつきました

本当は実母が喜ぶ顔がみたいのかもしれません

その一方で、娘は今年もカーネーションを、
プレゼントしてくれました
「おかあさん!いつもありがとう」
って、笑顔いっぱいで言ってくれました

いつもは照れて渡しにくそうにするのに、
しっかりとした姿が、うれしかったです♪

息子はケーキを、買ってきてくれました
味覚障害でも好きなものなら、
おいしく食べれるんじゃないかと、
選んでくれたみたいです

複雑な気持ちで、母の日が終わったのですが、
今自分が生きているのは、
親、(母)から私、そして子供へと
命のリレーをしていますね

そのこと自体が感謝であり、誰1人欠けても
繋がらないのです

そう思うと母にも産んでもらったことだけで、
ありがたいことなんだと思えました




味覚障害

私は体調が低空飛行になると、
味覚障害が起こります。

食べものを食べても、味が実際の味よりも、
希薄に感じられて、おいしくありません

うつが1番ひどい時は、ご飯が
砂を食べているような気がしていました

亜鉛不足も原因だと聞いたので、
食べ物に気をつけて、サプリメントを
摂ったりしましたが、改善しません

うつの人の症状の1つですが、
食いしん坊の私には、ちょっと悲しいのです

おいしいはずのものを食べているのに、
おいしく感じられないなんて…(泣)

ご飯の白米が甘くておいしい感覚、
いつも食べるスイーツに、
ホッペが落ちそうになる瞬間が
早く戻ってきてほしいです





会えなくなって・・

母はあれから数日、父の所に通いましたが
1週間もしないうちに、父が母に対して
どうしてこんな所に住まなくてはいけないのか~と
怒りだし、家に帰りたいという父に、
対応しきれなかったようです

父を担当してくださっている方が、
しばらく家族が面会にくるのは、
やめてください~とういうことでした
母が来ることで、家だと錯覚して
自由に動こうとしたり、いろんなものを
触ろうとするみたいです

記憶障害といえども、プライドは高い人ですし
日常的なことはちゃんとできるので、
本人にしてみれば、なぜ注意されるのか
わからないのでしょうね・・・

会って話ができれば、リハビリ中も
何度もいろんなことを乗り越えてきたので
うまく説明できるかも~
と思いながら、報告のメールや電話を
聞くしかできません
無力ですね

3か月、父のリハビリに通った反動もあってか
うつ君とお友達です
夜になるとゴソゴソしています(笑)

眠剤はデパスが効かないので、
ロヒプノール投入中です





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。