TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年06月
ARCHIVE ≫ 2014年06月
      

≪ 前月 |  2014年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

車イス

ここ数日、電話にビクビクしています
義父が毎日のように、足と腰が痛くて
電話をしてきます
そして病院に連れて行きます

1か月前に入院した圧迫骨折の他に
脊柱管狭窄症のせいや血流不良も
指摘されました

自分でまともに歩けないので、車イスで移動
癌の進行と共に車イス生活になることは
考えていたけれども、こんな早くになるとは
ちょっと想像していませんでした
甘いね、私

そのうち家の中の移動もできなくなる?
そしたら寝たきりになるの?
同居しなきゃいけなくなる?
ろくに家族の世話もできない私に、
他人の世話がどこまでできるの?

考えがグルグル回って、どうにもならなくてね
今、久々にラベンダーティーを入れて
ほんの少しの時間でも、ホッと一息してみました

【お願い】
このお花の名前、何でしょうか?
知ってる方がいらしたら、教えてください
道端に植えられてるのですが、ずっと気になっています





スポンサーサイト

18

娘が18の誕生日を迎えました

明るくて元気で、それでいて繊細な子です
毎日を全力で、生きている子です
娘が家に帰って来ただけで、
とてもにぎやかで華やかになります
家族に笑顔をくれています
元気に育ってくれて、
産んでよかった~って改めて思いました

私は上の息子を産んだ直後から
うつ病になりました
毎日死しか考えられなくて、
子供の成長を喜びながら育てることも
できない時期がありました

まわりに2人目さんが産まれるようになり
息子にも兄弟が欲しい~と言われていました
私も女の子が欲しくて、何年もの間、
断薬を試みましたが、うまくいきませんでした
催奇性がはっきりしている薬を
飲んでいたわけではありませんが、
妊娠中に薬は飲みたくはありませんでした

ある日息子が、ベランダの戸を開けて
手を合わせています
何をしているのかと聞いてみたら
「僕に妹をください~って神様にお願いしてたんだ」
って言うのです

涙がこぼれて、自分を責めました
そして授かれるものなら、産むことを決めました
どんなことも受け入れる覚悟を決めた上です
数ヵ月後、お腹に赤ちゃんができました

どういうわけか、女の子だと確信していました
ただの感です

そしてお腹にいるこの子と息子を、立派に育てるために
二度と死を考えないと決めました
ノートに何度も、大きな字で書いたのを覚えています
その後、私は死の淵から遠ざかりました
新しい命を迎えることで、自分が生きる道が
見え始めたのかもしれません

今も変わらず、うつ病は治っていませんが、
なんとかこんなふうに過ごせています

息子の祈りが私を救ってくれました
娘の命が私の命を守ってくれています
生まれてきてくれて、ありがとう




検査結果

1週間かけて検査をした結果、
義父の癌の場所がわかりました

手術は無理だそうです
抗がん剤も体力的に難しく、
放射線治療しかないと言われました
それも腫瘍が大きく、当てられるかどうか
検討するとのことでした

当の本人は、事実を都合のいいように
書き換える癖があるので、帰り道に出会った人に
「癌ではないんやけども、ポリープができとるらしいから、
また入院してきますわ~」って(笑)

とりあえず来週、精密検査のために
1泊で入院です

頭の中が義父のことでいっぱいです
振り払っても浮かんできます
動悸とめまい、耳鳴りが頻繁に起こっています
頸椎ヘルニアのせいもありますね
ちょっと困っています

〈追記〉通院で見かけたツバメは、飛び立ったらしく、巣が空になっていました



嫌な予感、的中




眠れなかったので、朝焼け見れました(笑)

義父がその後、検査で癌の可能性が
高いことがわかりました

腫瘍マーカーの数値が桁外れに高かったのです
可能性のある臓器を順番に
検査しています

数年前に初期の癌が見つかり、
手術してから再発もなかったので、
安心していたのですが、全く違うところに
できているのかもしれません

先週癌で亡くなった親戚を見送ったばかりです
その人の経過と重なって、動揺しています

悪いことばかり考えても仕方ないのですが、
いろんなことを考えて、頭がいっぱいです

自分を守りながら何をしていったらいいのか、
考えています
義父と距離を置こう~と決めた途端のことですが、
通院にも同行しないと、医師の説明を理解できないようで、
検査さえも途中でやめてしまいそうです

私はこういう役割を背負って
生まれてきたのかもしれませんね

自分でうつを呼び込んではいけないのですが、
前向きになる要素が浮びません










難しい

朝義父から電話があって、しんどくてたまらないから
病院に連れて行って欲しいとのことでした

腰の圧迫骨折が痛むのと、吐気や倦怠感
背中の痛みがあるといいます

とりあえず息子が家にいたので、
車をだしてもらえるように頼みました
息子はほとんど免許取りたて状態で、
普段は運転していません

病院に行く途中で、カーナビに沿って行く息子に
「そこ、なんで曲がらんのや!」とか
駐車場に多数の列ができていて、
義父と私だけ降ろそうとUターンする場所を探すのに
まごまごしてると、
「どんくさい奴やの! なにしとるんじゃ!」
などと怒鳴りつけること数回
義父にしたら今は目を悪くして運転できませんが
義母のために毎日通った道
でも息子は車を運転して来るのは、初めてです
普段は自転車で全く違う道で、
お見舞いに行っていましたから

しかしついに私も頭にきて、言いました
「文句言うなら降りて!  
○○(息子の名前)は普段乗ってないのに、
おじいちゃんのために来てくれて、
上手に運転できへんのに、一生懸命やってくれとるやん!」

しばし沈黙・・・

到着して、外来がまだ開いてるのに、
早くして欲しいからと、救急外来の方に行き、
脱水と炎症の数値が高かったので、点滴を受けて
明日外来での検査を勧められました

腰は整形の先生が休診日で、診てもらえませんでした

入院した時の紹介状は、リハビリのことのみ
書かれていましたから、家から離れている
このかかりつけ病院では無理ですね

点滴終了後も、他の科の先生に会って
話を聞いてもらいたい~と1時間半待って、
明日の検査を言われた科のことを、聞きました
横にいるだけですが、9時から17時までは
さすがに疲れました

パニック発作は薬を飲んでいったし、
途中で動悸がし出したので、追加して
乗り切れました

検査を勧められた雰囲気が、いつもと違って
なんか嫌な予感がします
大ごとにならなければいいのですが・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。