TOPアダルトチルドレン ≫ 家族ってなんだろう

家族ってなんだろう

父の入院中、長年会えなかった時を
取り戻すかのように
大切な時間を過ごしてきました

けれども、もう時間がありません
母の一言で、会えないことになりました

母は数年前に一方的に、
親子の縁を切ってきました
今度は父と私の繫がりまで、奪いました

自分の思い通りにしようと、
家族を巻き込む人です
子供の意思を奪い続け、
私の子供にまでもそれを続け、
私だけでなく、子供達にまでストレスからくる
身体の異変が起きました

私は自分の子供、家族を守るために
母と決別することを選びました

けれども子供の頃から、いつも母から
私を守ってくれた父のことは
心配でなりません

今、母は入院中の父の世話をしていません
こんな人に、ある日突然
記憶障害のある父に、寄り添えるのか、
とても不安です

母は私や孫の名前が、父の口から出ると、
怒るそうです

父がまた混乱状態になりつつあります
事態を察するかのように・・・
あんなに穏やかに笑顔で過ごしていたのにね

空しさと無力感でいっぱいです

家族ってなんだろう・・・

とりとめもない愚痴と重い話ですいません
吐き出し所がなくて書きました





スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年04月16日(Wed) 21:20
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年04月15日(Tue) 19:07
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年04月14日(Mon) 06:03
光さんへ
編集
光さんは鋭いですね~
母は心を病んでると思います
けれども治療を拒否するので、
どうしようもありません

父が入院したことで、再会できたのに
わずか3か月しか一緒に過ごせませんでした
でも笑顔はいっぱいもらいましたよ^^

光さんもお母様との間に、思うことがあるんですね
また良かったら聞かせてください
2014年04月14日(Mon) 01:26
刹那さんへ
編集
母は一般的な母性が欠けている人なんだと
思います
今まで頑張ってこれたのは、
だんなさんや妹の支えも
大きかったです

それでも病気になってしまいました
なんとか辛い思いは、私で終わらせたいと
思っています

刹那さんやみなさんから、暖かいお言葉を
いただいて、元気がでました
ほんわかしていますよ
ありがとうございます
2014年04月14日(Mon) 01:17
読んでいて
編集
お母様の心の奥には闇があるのでは?と感じました。
性格とかではなく、心の病・・・かな。
(間違っていたらごめんなさいね)

お父様となごみんさん家族が、笑顔で居て欲しい。

重いだとか、愚痴だとか感じないで・・・
吐き出してください。

P.S 私と実母の関係が、ちっぽけに思えました。。。
2014年04月13日(Sun) 21:53
編集
辛い思いをしてきたのに、追い風のような事態。
なんて声をかけていいのかわかりません。

僕には、お母様の気持ちがわかりません。
子供の気持ち、幸せ、未来までも奪ってしまうなんて、
信じられないです。

こんなことって、あるのですね。
これは、きついわ。
なごみんさんだから、こんなに頑張れるのですよね。

お父様には、なごみんさんが必要と思います。
母とは、縁が切れていてもお父様とは親子ですもの。
がんばって、お父様のところへ行けることを希望します。

なごみんさんだけが、頼みですね。
なにも、ちからにはなれないのが悔しいですね。
でも、応援しています。

もしも、お話でも聞けることがあるのなら、聞きますからね。
ひとりじゃないですからね。
いっしょにいますからね。
2014年04月13日(Sun) 13:51
jackwaltz さんへ
編集
若い頃はそこそこ、割り切ってつきあって
きたのですが、結婚してある時期から
関係が変になりました

jackwaltzさんはお友達もステキな方が
いらっしゃるようですし、
おじい様、おばあ様もいらして
安心できそうですね

ご自身が体調の悪い中、コメントいただき
ありがとうございます

1人じゃない~と言っていただき、
気持ちが明るくなりました

2014年04月13日(Sun) 05:09
ハイハイ ↑ フライさんへ
編集
ありがとうございますm(_ _)m

ハイハイ↑フライさんのやさしい気持ち、
とても勇気づけられます

私もコメントできなくても、
読んでますよ^^
2014年04月13日(Sun) 04:53
りんさんへ
編集
母は人を信じることができず、
孤独で寂しい人です

確かに日頃の行いが、晩年の自分に
帰ってくるのかもしれません
私も気をつけます

父とはいずれまた、会えると信じて
待っていよう~と思います

いつも心を寄せていただき、
ありがとうございます
2014年04月13日(Sun) 04:50
こんにちは
編集
そんなことが・・・
なごみんさんはお優しいから、尚更心の痛みも大きいのでございましょうね。

私は父親が酷いし、母もわりとほったらかしの家庭で育ちましたが、
祖父母や男友達連中、私自身の性格も手伝って
今では一社会人として割り切った付き合いをしています。

お辛いですよね。
ゆっくりでいいと思います!
なごみんさんは一人じゃないですよ(^^)♪
2014年04月12日(Sat) 12:54
編集
俺にはみなさんのような深い経験も何もないので、
みなさんのような素晴らしいアドバイスは何ひとつできません。

でも、コメントしたくてコメントしました。
何も書けないのに。(ごめんなさい)

なごみんさんのしあわせを祈ります。
ブログ、読んでます。
2014年04月12日(Sat) 12:35
辛いですね。
編集
お母さんも、何か深い闇の中にいるのかもしれないですね。
すごく、かわいそうな人のように思いました。
寂しい人なんでしょうね・・・。
きっと、今までなごみんさんや、子ども達にしてきた事は、
自分の身に返ってくると思います。
うちの、父が実際そうでした。
もちろん母も・・・
母は、壮絶な最期を遂げたので。

お父さんと、交流できる方法が見つかるといいですね。
電話とか・・・
きっと、道は開けると思うので、
信じて待っていてくださいね♪

なんか、長文になってしまって、ごめんなさい^^;

2014年04月12日(Sat) 10:01
デコマルさんへ
編集
ありがとうございます

父には今、時間の許す限り会いに行き
いろんな話をして、お花見にも
連れていきました
とても喜んでくれました

言ってもいいんですよね
今はまだ言えるかどうか、自信がないのですが
デコマルさんの言葉、きちんと胸に刻んで、
もしそうなった時には、言う覚悟をしていきます

> なごみんさんの心が閉ざされているのは
> お母様が関係しているのだと思います。
>
> そんな心を解放しなごみんさんの心を和らげるには
> お母さんに立ち向かう勇気が必要なのです。

何年も前からわかっているのですが、
母が怖くて、できずにきてしまいました
怖い理由がここに書きづらいことをする人です

父の入院をきっかけに、なんとかしないと・・
と思い、心が揺れています

手紙のことも考えてみます

デコマルさんの経験から、親身になったお話を
いただいて、とても嬉しいです

またお話聞かせてください
よろしくお願いします
2014年04月12日(Sat) 06:23
編集
辛いね。

詳しいご事情が分からないのでなんと言ってあげればいいか
分かりませんが

例えお母様が縁を切ったとしても
なごみんさんとお父様の繋がりがあるのなら
お母様が入院中のお父様の世話をしないのであれば

時間が許す限り
なごみんさんがお父様の所へ行って
記憶障害があるならば、話すのが困難なのなら

手を握って・手を摩って
ご自分の日常やご家族の事
例え解らなくても話してあげるだけで
いいんじゃないかな??

例えばお父様に会いに行っていた時
その場に万が一お母様と鉢合わせしたとします。

お母様が何かいけない言葉を発したとしましょうか。
ひるむことはありません。

お母様にこういってみましょうか。
お父さんは私の大切なお父さんだ!!
顔を見に来て何が悪い!!

お母さんにとやかく言われる筋合いはない!!
毅然として言うんです。

なごみんさんの心が閉ざされているのは
お母様が関係しているのだと思います。

そんな心を解放しなごみんさんの心を和らげるには
お母さんに立ち向かう勇気が必要なのです。

自分の本音をぶつける。

心のダメージは何倍もの気持ちで
立ち向かわないと和らげることができません。

言うのは勇気がいる事です。
しかし
その時を乗り越えれば少しずつ何かが変わるはずです。
母ちゃんがそうだったように。

思いのたけを手紙にするのも一つの手です。
なぜなら文章は最後まで読み
心に刻み込まれるからです。

お節介を言いましたが
大切なお父様どうかお大事にしてくださいね。
2014年04月12日(Sat) 05:38












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL