TOPスポンサー広告 ≫ 病状経過 1TOPその他 ≫ 病状経過 1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

病状経過 1

義父の主治医とケースワーカー、
家族を交えて、検査結果、今後のことを
話し合いました

癌の種類も特定でき、影はさらに大きくなっていました
やっと結果がでたものの、対処方法はありません
圧迫骨折はさらにひどくなっています

ここ数日は食事を撮る量も少なくなって
見た目にも力がなくなってきています

好きな食べ物を持って行っても、
あまり食べてくれません

点滴で栄養を補っていますが、
さらに高カロリーのものを補充する為に
足のつけ根から点滴することになりました

そして今いる病院は急性期病院で、
長期入院はできないので
療養型病院への転院を勧められました

残りの時間を少しでも穏やかに
過ごさせてあげたいと思いますが、
痛みを訴えているのを、見ていると
私までつらくなってきます

家族で支えあっていくしかないですね
スポンサーサイト

Comment

母ちゃんへ
編集
母ちゃん、おかえりなさい~
帰って早々にコメント、ありがとう^^

今までと同じように接するのね
弱弱しくなっていく義父に、いつのまにか
こちらまで元気のない声かけになりがちでした
明日からは心がけてみます

いつも気づかってくれて、感謝です
2014年07月25日(Fri) 01:47
No title
編集
痛みは本人にしか分からないもの。
それだけに気持ちを解ってあげられない辛さがあると思います。

笑う事は難しいかもしれない。
でもね
いつものなごみんさんで接するのがいいんですよ。

悲しい顔をお義父さまは望んでいないでしょう。
辛いかもしれないけれど出来るだけ
今迄と同じように接してあげて下さいね^^

なごみんさんも体調考慮しながら無理ないようにね。

ただいま^^
2014年07月24日(Thu) 11:43
りんさんへ
編集
りんさんもお義父様のことで
つらい思いをされてきたんですね

義母の時には、後から悔いが残ったので
自分の体と相談しながら
できるだけのことをしたいと思います

お気使い、ありがとうございます

2014年07月23日(Wed) 23:23
mamaさんへ
編集
昔なら介護は嫁の仕事だったのでしょうが、
とても1人では、荷が重いです
息子にもずいぶん助けてもらっています
みんなで義父の力になっていけたらと
思っているところです

mamaさんもお母様を癌で亡くされたのですね
つらいことを思い出させてしまっていたら
ごめんなさいね


2014年07月23日(Wed) 23:16
はちみつ色の陽だまりさんへ
編集
お気づかい、ありがとうございます
なんとか寝込まないように、工夫して
やっています

> ガンの痛みは、麻薬で押さえるようですが
> 副作用で、一種の健忘症のようになって行きます。

そうなんですね、知りませんでした
最近少しそんな様子がみられたので、
薬のせいかもしれませんね
気をつけて見ておきます

2014年07月23日(Wed) 23:05
おこちゃんさんへ
編集
本当につらいのは本人ですよね
痛みや苦しさは変わってあげられないですから

できるだけ行って、話をきいてあげようと
思います

2014年07月23日(Wed) 22:58
分かります。
編集
日に日に体力がなくなっていくのを見るのは、
とても辛い事ですよね。
義父の時を思い出します。
なごみんさんにとって、
悔いの残らないようにしてくださいね。
なかなか上手く言えないのですが・・・
なごみんさん自身も、お身体に気をつけてください。

2014年07月23日(Wed) 19:05
No title
編集
転院のこととか、色々大変なことも多いでしょうが
家族で協力し合って、乗り越えていって下さいね!

義父様自身も辛いでしょうが、周りの人達も辛いですよね
私の母も、癌で手の施しようも無く逝ってしまいました。
その間、色々あったけど・・・
なごみんさんは、自分の体調も考慮して、家族に助けてもらって下さいね!
2014年07月23日(Wed) 17:50
No title
編集
こんにちは、なごみんさん。

何かと義父様の病院へ足を運ばれている様で
お疲れ様です。
なごみんさんの体調は、いかがでしょうか?

ガンの痛みは、麻薬で押さえるようですが
副作用で、一種の健忘症のようになって行きます。

実父も、義父もそうでしたから。

まだまだ大変だと思いますが
時々はラインを引いて、自分のお体の声も聞いてあげてくださいね。
2014年07月23日(Wed) 15:45
No title
編集
ホントに見ている方も、何もできないので、辛いですよね。
本人は もっともっと、辛いでしょう、、。
 
せめて、できるのは、お話しを聞いてあげることかな。
、、、、、。
、、、。
2014年07月23日(Wed) 12:48












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。