TOPその他 ≫ ホスピス

ホスピス

義父の転院予定先のホスピス病院に、
家族面談に行って来ました

施設内はとても静かで、緩やかな
時間が流れていました
一般病棟のように、ナースコールや
点滴などのモニター音がしません

主治医から入院してからの対処の仕方を
説明されると、もう時間がないことを
改めて知らされました

今行っている高カロリー点滴も、
癌に栄養を与えてしまい、
感染の発熱があれば、中止した方が
良いとのことでした

点滴をやめると約1週間で、
命を引き取ることになると聞き、
主人はショックを受けていました
私はネットの情報で知っていたのですが
目の前で医師に言われると、
重く心に響きました

看護師さんが、最後まで耳は聞こえていると
言われているので、なるべく声をかけて下さい~と
そしてどんな場所であれ
最後は家族に囲まれて、
安らかに息を引きとれたら、
いいのではないでしょうか~と
言ってくださいました

約1か月少し待ちになるので、
間に合わないかもしれませんが
最後はここで過ごすのが、
理想だと思う、行き届いた場所でした

もしホスピス病院に移れなくても、
最後の時間を、痛みやつらさを軽くして
過ごさせてあげたいと思いました






スポンサーサイト

Comment

かのぼんさんへ
編集
スーパームーン企画、さんかさせていただいて
楽しかったです

こちらこそありがとうございました

たくさんの方が参加されて、そのお写真に
繫がった思いを感じ、良かったです(*^^*)
2014年08月14日(Thu) 13:14
No title
編集
この度は当ブログでのスーパームーン企画にエントリーしていただきまして
誠にありがとうございました。
近々アップさせていただきますのでまた遊びにきてくださいね^^
2014年08月13日(Wed) 19:24
おこちゃんさんへ
編集
おこちゃんさんは3人の方を看取られて、
それぞれにつらい最後を、
見てこられたんですね
お疲れさまでした

順送りだと言われたら、それまでですが
身内になると心中は複雑ですね

少しでも痛みや苦しみを軽減して、
安らかな時間を過ごして欲しいですが、
実際はなかなかそうはいかないようです

見ていても辛くなりますが、
最後までできることをしようと思います


2014年08月13日(Wed) 00:13
mamaさんへ
編集
会いに行く日ごとに、弱々しくなっていくので
とても心が痛みます

残された時間を大切にしたいと思います
2014年08月12日(Tue) 22:35
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年08月12日(Tue) 19:57
No title
編集
義母はホスピスで、モルヒネで痛みを止めて、寝かせられていましたが、モルヒネが薄まって来ると、激痛に悶えていたので、ズーット打ちっぱなしで、ホスピスに入って20日位でした。

父は、昔なので、通えるところにホスピスが無く、延命治療を総合病院でうけ、1年半、入院して、副作用で苦しみ、家に帰りたがっていました。

義父は帯状疱疹から、入院し、ガンがみつかりましたが、高齢で手術はしませんでしたが、栄養の管を 痴呆の為自分でぬいてしまったため、腹膜炎を
おこしてしまい、その後、直ぐに亡くなってしまいました。

どの亡くなり方も、とても、みるに忍びなかったです。

痛み、苦しみを 与えない様にして頂く、、。
それが長く生きるよりも 大切なのかもしれないなーと、かんがえたりしてますが、家族としては、長く生きてほしいと思うし、心の準備とは中々できないものですね。

私も、やはり、耳は、最後まで聞こえていますと 同じことをいわれました。
ご主人は、やはり、余命を告げられたら、ショックは大きかったと思います。
今は、痛みを感じずに、生きて欲しいと願うばかりで、なごみんさんへの
言葉が見つかりません。。
腰が早く治りますように。
2014年08月11日(Mon) 18:13
No title
編集
お父様も、家族の皆さんも、辛い時期ですね
私の母もそうでしたが、残された時間は、ホントに僅かですね
後悔しないよう、なごみんさんの体調も考慮しながら
出来るだけ、傍に居てあげたら良いですよ。

2014年08月11日(Mon) 18:12
No title
編集
そうだね。
健康体だって
痛いのもしんどいのも嫌だもの。

お義父様はもっと辛いと思います。
少しでも穏やかに過ごせる時間が多くなりますように。

なごみんさん^^
よく頑張ってるね(#^.^#)
2014年08月11日(Mon) 16:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL